×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




動画からスカバを知る


スカッシュバレーを見たことがない方のため、イメージが沸きにくい方のため、
ちょっとではありますが、自分の試合の動画でスカバを紹介したいと思います。
(容量の関係であまり重たい動画をアップできません…)


これから紹介する動画(試合)はほとんどが県の大会(男性青年)であり、
スカッシュバレーのトップレベルの試合でありますが、いかんせん自分らのレベルは
県の中でも中堅クラスなのでそのつもりでご覧下さい。
また、実際の試合が観てみたい方は、連盟のホームページで試合会場、日程等をチェックして下さい。
動画でも伝わりきらない迫力と熱気が伝わると思います。
それでは以下に順次動画を紹介します。
なお、ここで紹介する動画の二次配布等は禁止します。見るだけにしてね。



○基本のかたち。(レシーバー → セッター → アタッカー)
 ローテーションをせずに固定するからには、きちんとそれぞれが自分の仕事をこなす。
 レシーバーに相手のサーブがきたら、きっちりセッターに返してセッターがトスを上げる。
 そしてアタッカーが確実に決めるのだ!
☆動画を見る。(29秒:1.3MB)


○もう一人のアタッカー。(前衛のどちらかがレシーブした時にレシーバーがアタック。)
 アタッカーがサーブで狙われた場合はレシーバーがアタックを打つのが基本。
 また、チームによってはセッターがレシーブした場合もレシーバーが打つ。
 (セッターがレシーブした場合でもアタッカーにアタックを打たすチームもある。)
 レシーバーはもうひとりのアタッカーなのだ!
☆動画を見る。(30秒:1.3MB)


○時にはセッターが!?(まさにピンチの時の切り札!)
 レシーブミスがあった場合は、セッターがアタックを打たなければならない状況もある。
 スカッシュバレーの場合、セッターだからアタックを打たないということはないのだ。
 いかにしてピンチを切り抜けるか。
 結果によってはピンチから流れを作るきっかけとなる。
☆動画を見る。(14秒:0.6MB)


○粘り強いプレー。(拾って繋げる!)
 強いアタックの決めあいになりがちな青年男子の試合の中で、
 いかに相手のアタックを拾って繋げる、または決めれるかが勝負のポイントになる。
 そういった攻防の中で、まれにラリーが続くこともあるのだ。
 諦めないプレーも大事。
 また、反対にいいサーブが決まればそれだけで点数が動く。
 動画には速いタイプのサーブを後半につけている。
☆動画を見る。(27秒:1.2MB)


○どこからでも決める。(気迫と経験と攻める気持ち。)
 慣れてさえいればネットから離れたところからもアタックを決めることができる。
 ただ、離れて打つと相手に拾われたり、狙えるところが限られてくる。
 そんな逆境でも絶対アタックを決めるんだという気持ち、そして、
 普段の練習で、たまには離れたところにトスを上げて練習しておくことも大切。
 動画のアタックは全てアタックを打ったチームのポイントとなっている。
 アタッカーの足裁きにも注目してほしい。
☆動画を見る。(29秒:1.3MB)


○普通のバレーとは違うブロック。(練習で得た匠の技。)
 以前にも説明した気がするが、スカッシュバレーでは普通のバレーと
 ブロックのしかたが全然違うものとなっている。
 それは、絶対3回で返さなければならないスカッシュ特有のルールがそうしている。
 ブロックは手に当てて後ろへボールを弾き飛ばす。
 その際にアタックの勢いが弱まり、レシーブ(トス)しやすくなるのだ。
 百聞は一見にしかず、動画を見てもらいたい。
☆動画を見る。(27秒:1.2MB)



○怪我の例。(管理人の右足捻挫シーン。)
 左かかとを骨折したまま試合に出てしまった管理人。
 左足をかばったがために右足首を捻挫してしまう。
 その瞬間の断末魔が痛みを物語っている。
 手前レシーバーの右足に注目!皆も怪我には気をつけよう!
☆動画を見る。(17秒:1.7MB)


○怪我でも無理したプレー。(左足かかと骨折のケース。)
 これまた左かかとを骨折したまま試合に出た時の動画。
 なんかかっこよくアタック打つシーンがあったので自己満アップ。
 思いっきりかかとをかばっているので、床につけない左足かかとに注目。
☆動画を見る。(13秒:1.4MB)



○誰でも最初は皆へたくそ。(管理人のスカッシュ初体験。)
 最後はおまけ。
 管理人が生まれて初めてスカッシュバレーをした日。
 それがいきなりの試合だった。
 人数調整で急遽呼ばれ、触ったこともない黒いボールで遊んだ日。
 1セットも取ることもなく、遊びに近い感覚でプレーした記憶がある。
 ビデオを撮った日が2001年の3月。
 今から6年以上も前の出来事だ。
 動画はその時のもので、上で紹介してきた動画に出演しているプレーヤーが揃っている。
 つまり、自分らママゴンズの記念すべき初めての試合の時の映像である。
 (この時はローテーションもしてるし、ポジションなんかもどうでもやりゆね。)
☆動画を見る。(39秒:1.7MB)



最後の動画と最初の動画は同じチーム、同じ人間とは思えない。
こうやって見ると、いかにスカバに「経験」や「慣れ」が必要か分かる気がする。
そこのところの詳しいポイントや、他チームの動画なんかも機会があれば増やしていきます。
皆さんの目に、スカッシュバレーはどう映ったかな?



TOPへ ≫  動画倉庫へ ≫  管理人の試合動画を使ったスカバ説明

注意事項(必読) 動画 クイズ 掲示板
お知らせ 管理人 お問い合せ 笑龍(兄弟サイト)